分離型 油圧ポンプユニット 油圧バルブユニット製作しました。

_DSCF2994

今回、当社では、分離型油圧ユニットを製作
いたしました。左はバルブユニット、
下はポンプユニットという風に分けてあります。
これは、客先の使用環境による物が大きいです。

構成内容については、お話しすることはできません。
ここで、当社がお客様にお話したいのは、
バルブの取り付けブロック(マニホールドブロック)は
すべて、当社で設計し
当社で加工を施した物です。
したがって、コンパクト化が図れるわけです。

 

 

_DSCF3031

左はポンプユニットで37Kwのモータがついています
取り付けフランジ等はすべて内製化し
最大、2”配管も当社でできます。
当社では、フランジ配管は行わず、ねじ込み配管
を採用しております。
理由は、基本的に、バルブ切り替え時のショックに
対して、フランジが、クラックを起こす可能性が可能性が
あること、溶接技術者の力量が問われるなど
すこし、心配な面もあるので、
当社では、ねじ込みの配管にしているわけです。

 

 

 

_DSCF3030

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お問い合わせは   ココをクリックしてください。