PL法(製造物責任法)について

危険はあなたの傍に、取引先を決めるのも自己責任!?

PL法について
PL法について

日本のPL法は企業間訴訟においてPL法が使用できる点にあります。
原告側において、立証負担の軽いPL法理が使われるということは過失相殺において
中小企業も簡単に賠償責任をとらされるされると言うことです。
今回の件のように中小企業も、十分に対策をとらないと50万の物件であっても
1900万の物件になってしまうと言うことです。

安全か?取引先か?どちらかを選択するとしたらどうしますか?

PL法について
PL法について

構造計算偽造問題は、下請け、元請けの取引関係が根にあります。
当社は製品に責任を持つと言うことは「駄目な物は、駄目と言う勇気を持つこと」と私達は 考えます。
構造計算問題で関係した企業はどうでしたか?残念ながら、皆、倒産してしまいました。
取引先にそのような悲しい目に遭わせないことが優しさだ と思います。

損害保険に入っていても安心するな!場合によっては敵になる!

PL法について
PL法について
PL法に対する取り組み

当社独自の警告ラベルシールのサンプル・使用例はこちらへ。


お問い合わせはこちらから

当社は油圧・水圧を通じたエンジニア会社としてお客様をサポートし 油圧・水圧のバランスのとれた提案を行います。

そして!
油圧の配管、技術でお困りの方は問い合わせまでお声をおかけ下さい。
当社の技術がご相談をうけたまわります。

お問い合わせはこちらへ
↑クリックでメール、お電話、FAXなどでのお問い合わせ方法ご案内のページへとびます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ

お問い合わせは   ココをクリックしてください。